森居 寛幸

無垢材ってよく聞くけど・・・・・なに?!

お久しぶりの更新になってしまいましたね・・・・

 

はじめましての方もお久しぶりの方も

こんにちは!森居です!!

 

 

今日は初雪でしたが

みなさん雪だるまは作りましたか?

 

 

ではなくて、

電車が大幅に遅延したり

道路が既に凍結し始めていたりしていますが

皆さん職場や学校には無事着きましたでしょうか?

また、無事お家へ帰れましたでしょうか?

 

 

 

 

さて、今回は無垢材の紹介をしたいと思います。

無垢材

最近リフォームやリノベーションという言葉をよく耳にするかと思いますが、

それと併せて「無垢材」という言葉も耳にするかと思います。

 

実際に床のリフォーム・リノベーションをされる方は

無垢材を選ばれる方が多いのですが・・・

 

 

 

 

では、なぜ「床には無垢材のフローリング」が選ばれるのでしょうか・・・

 

 

無垢材とは

合板等の人工物ではなく

天然の木の丸太から切り出した木材の事で、

自然な木の風合いが癒しと心地よさ

さらに、湿度調整もしてくれる優れものなんですねー!

 

無垢を直訳すると

【垢(アカ)が無い=人工物ではない】

言葉の意味としては

【全く混じりのないもの・そのままのもの】

つまり、天然の木材を家具やら床やらに使用するという事なんですねー!

 

 

 

 

ただし、無垢材のフローリングといっても

実は木の種類によって特徴が千差万別!!

『好みのものを見つけるのに一苦労した・・・』

なんて方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

そこで

代表的な無垢材3点を比較してみましょう!

 

 

◆ナラ材(オーク)◆

一番人気

硬め

木目の美しさ

重厚感がある

(高級家具、バット、洋酒樽、炭などに使われる)

無垢フローリングの王道

ちょうどいい質感と滑り具合で歩きやすい

お値打ち

 

 

 

◆スギ材◆

杉の良い香りが室内に広がる

柔らかめ

足音を吸収してくれる

肌触りが良い

保温性がある

(冬はほんのり暖かく、夏はサラサラしている

傷や凹みが付きやすい

エコ

お値打ち

 

 

 

◆ウォールナット材(クルミ)◆

見た目が濃い

高級感がある

(高級ホテルやバー、レストラン等でよく使われ、

ハープやグランドピアノ等の楽器にもよく使われる)

硬い

強度がある

衝撃に強い

粘りがある

使い込むと磨きがかかる

耐久性がある

値段が高い

 

 

 

本当はこの他にもたくさんの無垢材があるのですが・・・

今回は人気ベスト3をご紹介しました。

実際に床材を選ぶ時のご参考になればと思います!

 

 

色、質感、かたさ、肌触り、値段etc......
自分にぴったりの無垢材選びを楽しんでくださいね!

もちろん

選ぶ時は私がご案内させて頂きます☆(笑)