青木一晃

リノベーションは築15年以降がオススメです!

最近注目されているリノベーション

 

 

 

もちろん

中古住宅を購入してリノベーションするので新しすぎる中古住宅を購入したとしたら

売値も高く、機能的にも使用感的にも新築とさほど変わりがないので

せいぜいクリーニングか水回りのリフォームくらいで事足りるでしょう。

 

 

では、全体的なリフォーム・リノベーションをするには築何年以降のものが適当でしょうか?

 

 

 

 

 

そう、答えは築15年以降です!!

 

 

 

 

 

中古住宅をリノベーションして住むという選択は

ほとんどの事例が新築で住宅を建てるよりも安価な費用で済みます。

 

 

 

日本の家屋の資産価値は

一般的に新築のときを100%とすると

 

築5年で80%

築15年で70%ほどです。

 

例えば

新築の建築費用が2,500万円だった場合

 

築5年で2,000万円

築15年で1,750万円の価値となりますね。

 

ちなみに

リノベーションをした場合

どこまでの工事を行うかにもよりますが

200万円~400万円が平均価格で、

新築よりも中古住宅+リノベーションのがお得になってくるのが

築15年以降の物件なんです!

 


また、

木造住宅では工事に掛かる期間だけで4~6カ月ほどを要します。

これに対して

リノベーション工事では1カ月半ほどです。

 

 

新築住宅を建てるよりも中古住宅のリノベーションは

コストも工事期間もお得です!

 

 

そして

何といっても!

 

 

デザイン性にこだわりたい方

自分らしいデザインのお家が欲しい方

リノベーションがオススメです!

 

 

 

新築分譲住宅を探しているけど

なかなか希望の場所に建たない

希望のスペックのものがない

好みのデザインのものがない

 

 

そんな悩みのある方はぜひ

中古住宅+リノベーション

検討してみてはいかがでしょうか!!